気になる話題を書くブログ♪

芸能ニュースやスポーツニュースなど話題の出来事などを書き綴っていきます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

銀座眼科(溝口朝雄院長)のレーシックを受けた女性が失明の危険性

レーシックという視力回復手術が今、流行していて数十万人単位でうけた人がいるようですね。

しかし、先日の、銀座眼科におけるレーシック(視力回復レーザー手術)を受けた女性が失明の可能性があるとの報道はこれからレーシックを受けようとしてる方に衝撃を与えました。

もちろん、レーシック自体は安全性が高いとは言われています。

ただし、それは最先端の方法で衛生管理まできっちりうやっている病院を選べばの話です。

先日のニュースより引用(東京新聞)

東京都中央区の銀座眼科で、レーザー光線で近視を矯正するレーシック手術を受けた患者六十七人が感染性角膜炎を発症していた問題で、中央区は二十五日、うち二人が入院し、十九歳の女性は失明の恐れがあると家族が訴えていることを明らかにした。区は、滅菌器の不具合が一因とみており、銀座眼科に衛生管理について改善するまで診療を休止するよう指導した。厚生労働省は同日、レーシックを行う医療機関に院内感染防止の徹底を指導するよう都道府県などに通達した。



なんと、67人もの方が、感染症となってしまったというこの病院の責任は極めて重大だと思います。

他の、安全で衛生管理も徹底して行っている多くの病院が、同じような目で見られてしまうことは残念でなりません。

私の友人は、レーシックを、銀座眼科ではなく、品川近視クリニックでうける予定で検査の予約までいれていたのですが、このニュースを聞いて怖くなってしまったそうです。

それで、ネット上で販売していた視力回復トレーニングキットを購入して、少し続けたそなのですが、レーシックのように1.5まで上がるといくことはなかったそうです。

それでも、0.1未満から0.4程度には上がって本人は大喜びしてはいましたが。

これからは安全性を考えたら視力回復トレーニングを選ぶべきか?

それとも、レーシックについての評判の良い病院を徹底的にリサーチして、信頼できる眼科でレーザー手術を受けてしまうべきか、ご自身で判断するしかなくなってきますね。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。